深大寺の紅葉2021年の見頃時期と見どころ!行き方や混雑情報!

東京都調布市にある深大寺紅葉スポットをご紹介します。

深大寺は一年を通して多くの人が訪れる東京の多摩地区では代表的な観光地の一つですが、特に秋のシーズンには美しい紅葉を楽しみながら気軽に散策できる都内の穴場と言っても良いかも知れません。

2021年、今年の深大寺の紅葉の見頃の時期と見どころ、また行き方混雑情報についてまとめてみましたので参考にしてみてください。

そして、チャンスがあったら是非気軽に出かけてみてください。

スポンサーリンク

深大寺の紅葉2021年の見頃時期は?


さて、2021年深大寺の紅葉の見頃時期はいつ頃になるのでしょう?

例年の深大寺の紅葉の見頃は11月下旬~12月上旬頃とされています。

昨年の紅葉の時期について、日本気象協会 は以下のように発表しています。
※2021年の紅葉の見頃時期について、未だ更新されていないようです。

関東甲信の紅葉の見ごろは、平年並みか遅く、山沿いでは平年より10日くらい遅れる所があるでしょう。今後は、内陸や山沿いを中心に朝晩は冷え込む日が増えてきますので、色づきが進みそうです。
各地の紅葉の見ごろ時期は、栃木県の日光・鬼怒川では、色づきが進み、見ごろ間近です。長野県の上高地や岐阜県の白川郷では、10月下旬に見ごろを迎えるでしょう。東京都の高尾山や静岡県の大洞院などでは、11月下旬に見ごろを迎える見込みです。(2020年10月15日発表)

※紅葉の状態は標高や樹木の種類などにより、同地点内でも差が生じる場合があります。
おでかけ前に確認することをおすすめします。
👉日本気象協会「紅葉見ごろ情報」
👉深大寺周辺の紅葉見ごろ情報

2021年今年の見ごろ時期は、ズバリ! 12月2日頃〜 / 落葉12月17日頃〜

深大寺の紅葉見どころは?


引用:深大寺公式ホームページより

深大寺の周りにはお蕎麦屋さんや甘味処が多く、紅葉を眺めながら「名物 深大寺そば」やお団子、お汁粉などお食事やスイーツを楽しんだりして過ごすことができます。

深大寺の境内にある紅葉は皆色が濃く枝ぶりも見事です。

温泉も徒歩圏内にあるので、散策しながら一日楽しめます。

深大寺に隣接している「都立神代植物公園」は、合わせて行っておきたいスポットです。

深大寺から神代植物園に向かう途中に一面に敷き詰められた紅葉が絨毯のように広がる場所があります。

赤一色ではなく、緑~黄色~真っ赤までのグラデーションが温かい絨毯を思わせる、秋ならではの絶景が楽しめます。

引用:深大寺公式ホームページより

深大寺境内の紅葉


国宝や重要文化財を安置している深大寺境内は緑が多く深い雑木林のなかにあるため、クヌギやコナラ、イチョウといった背の高い木々によって、頭上はオレンジに染まり風に舞った木の葉が積み重なって、境内一面に紅葉の絨毯が敷かれます。

11月ごろになると秋を感じさせる景色が広がります。

この深大寺は、奈良時代の733年に開創された歴史あるお寺です。

東京では、浅草の浅草寺の次に古いお寺と言われています。

日本三大だるま市のひとつ「深大寺だるま市」も有名ですよ。

👉深大寺ホームページ

都立神代植物公園の紅葉

深大寺だけでも十分紅葉を満喫できますが、せっかく来たなら隣の都立神代植物公園に立ち寄るのもおすすめです。

神代植物公園は深大寺の裏手にあり、歩いてすぐに行けるところにあります。

神代植物公園には規模は小さいながらカエデ園があり、色とりどりの紅葉を楽しむことができます。

園内には約4800種類10万本・株の植物が植えられており、四季折々の花と緑を楽しむことが出来ます。

都立神代植物公園のカエデ園には、40種類以上のカエデが約80本植えられています。

整備された美しい庭園で、深大寺とはひと味違った紅葉を楽しめます。

入場料
一般・大人 500円(団体:400円)65歳以上 250円(団体:200円)中学生 200円(160円)
※都内在住・在学の中学生は無料 小学生以下無料
※入場料の有無・金額について:2021年8月時点の情報です
入場可能時間
9:30〜17:00(入園は16:00まで)事前予約制

👉神代植物公園公式サイト:https://www.tokyo-park.or.jp/jindai/

秋の深大寺と言えば紅葉と新蕎麦


深大寺には、「東京の名湧水57選」に選定される湧水を使った滝があるなど、豊富な水源を持ち、その潤沢な水を使って作る「深大寺そば」は名物になっています。

そして、周辺には「深大寺そば」を提供するそば屋や甘味処が多くあります。

紅葉を眺めながら「深大寺そば」やお団子などを楽しめる贅沢な時間を過ごすことができますよ

甘味処で休憩するなら、テラス席が空いていないかチェックしてみてください。

日よけ用の赤い傘と一緒に紅葉を写せば、東京とは思えない観光地さながらの風情ある写真が撮影できます。

👉深大寺のおすすめお蕎麦店

👉深大寺そば組合と近隣のお店情報

豊かな緑と湧き水に恵まれ、武蔵野の風景を色濃く残す一角に立つ深大寺です。

京王線調布駅から深大寺までは歩いて約25分(約2km)、その間には、映画館、商店街、神社、温泉など様々な調布の魅力的なスポットがあります。

深大寺へ行く際には、ぜひ地図を片手に調布駅から深大寺までの散策をお楽しんでみてはいかがでしょう。

お出かけ前にチェック!紅葉スポット周辺天気・おすすめ服装


深大寺周辺の天気予報、気温をおでかけ前にチェックしておきましょう。

こちらのサイトでは、紅葉を見に行く際のおすすめの服装もご案内しています。

👉深大寺周辺の天気・服装予報

👉深大寺・神代植物公園の紅葉情報

深大寺の周辺地図・アクセス

場所

〒182-0017 東京都調布市深大寺元町5丁目15−1

地図

交通アクセス


👉行き方を調べる

公共交通機関でお越しの方


京王線調布駅・つつじヶ丘駅から京王バス「深大寺」下車すぐ
JR三鷹駅・吉祥寺駅から小田急バス「深大寺」下車すぐ


バス停留所深大寺〔京王バス〕👉バス時刻表・バス路線図

バス停留所深大寺〔小田急バス〕👉バス時刻表・バス路線図 

お車でお越しの方

境内の駐車場は法事又は車両祈願の方のみご利用いただけます。

その他の方は、近隣の有料駐車場をご利用ください。

調布インターもしくは国道20号を府中方面からお越しの方
中央自動車道「調布インター」下車→国道20号を新宿方面に直進(約0.5km)
→「下石原交番前」交差点を左折→その道(武蔵境通り)を直進(約1.3km)
→「深大寺入口」交差点を右折して0.5km程で、深大寺の参道の入り口に到着
国道20号を新宿、環八、仙川方面からお越しの方
国道20号「下布田」交差点を右折→その道(三鷹通り)を直進(1.3km)
→「深大寺小前」を左折して0.5km程で、深大寺の参道の入り口に到着
武蔵野、三鷹、小金井方面からお越しの方
・武蔵境通りからお越しの方は「深大寺入口」で左折。 (武蔵境通りと東八道路との交差点は「野崎八幡前」になります)
・三鷹通りからお越しの方は「深大寺小前」で右折。 (三鷹通りと東八道路との交差点は「航空宇宙技術研究所」になります)

👉深大寺公式サイト【交通アクセス】

👉深大寺の周辺駐車場情報は、こちら

深大寺の紅葉混雑情報


深大寺の紅葉を楽しめる期間としては、11月下旬~12月上旬頃なっています。

その期間内でも平日より土日祝日が混雑しやすく、紅葉の見ごろのピークになるにつれて多くの人で混雑しています。

混雑する時間帯は、10時~15時の時間帯が混雑しやすくなっています。

15時以降に利用するよりも、10時前に利用した方が人は少ないですし、時間に余裕があるので、早い時間帯からの紅葉散策がおすすめです。

特に早朝であれば人通りも少なく、静かに過ごすことができます。

また、空気も澄んでおり豊かな自然に恵まれた深大寺周辺でリフレッシュすることができます。

混雑を避けるためには、できるだけ平日に行くという事、そして10時よりも前に時間をズラして散策するのが良いでしょう!

👉深大寺周辺の交通情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました